ニキビ跡治療

ニキビ跡を消す治療

皮膚科や美容外科などでは自宅で出来ない高度な治療をしてもらえます。
治療方法は病院や症状によって様々ですが、少しご紹介しますね。

ニキビ跡レーザー治療

※Vスターレーザー・フォトシルクプラス・ピュアアクネス・クリアタッチ・ヤグレーザーピーリング・フラクセルレーザーなど

レーザーによる光治療です。
レーザーの効果はそれぞれの種類によりますが、
  • ニキビ跡の赤みや黒ニキビなどを軽減。
  • アクネ菌を死滅させる(殺菌作用)
  • 肌質を改善させる
  • 炎症や皮脂のコントロール
など、レーザーによって様々な効果があります。
コラーゲンを増殖させる作用のあるものや、
皮膚に小さな穴をあけ(針などではなくレーザーで)ダメージを受けた皮膚を排除し、新しい皮膚へ再生させるというクレータータイプのニキビ跡に効果的な方法もあります。


ニキビ跡ケミカルピーリング

肌表面の古い角質を除去する方法です。
最近ではホームケア用のピーリング剤も販売されていますが、化学的に角質を剥離するので専門の病院にまかせるのが安心です。


PRP療法

自分の血液を使った皮膚再生療法。
自分の血液から必要なものだけを取り出し、それを注入する方法です。
自分の血小板を使うので副作用が少ないのも魅力です。


PRPなどは若返り美容などの特集でもとりあげられていましたから、ご存知の方も多いかもしれませんね。
これは私もかなり興味があるのですが、お値段がかなりはります!
美容関係の施術は全般的に保険適用外ですから仕方がないのかもしれませんね。