ニキビ跡ケア洗顔方法

ニキビ跡を消す洗顔

正しい洗顔方法を身につけることは、ニキビ跡ケアのためにとても大切なことです。
いくら良いニキビ跡ケア化粧品を使っていても、洗顔方法が間違っていたら、効果は期待できません。
いちど正しい洗顔方法を身につければ、ニキビ跡のケアだけではなく、美肌のためにも役立ちます。
ぜひこの機会に、ニキビ跡ケアのための正しい洗顔方法をマスターしませんか?


ニキビ跡ケアのための洗顔方法


たっぷりの泡で顔を包むように洗う
石鹸または洗顔フォームを手のひらの上でクリーム状にたっぷりと泡立て、その泡で顔を包み込むようにして洗いましょう。
ニキビの皮脂が気になるからと、スクラブ洗顔料などでゴシゴシ洗ってしまう人もいますが、これは絶対にNGです。
肌への過度の刺激はニキビを悪化させますし、
お肌に本来必要な皮脂まで洗い流して肌のバリア機能を低下させ、ニキビ跡が治りにくくなってしまいます。
手のひらで泡立てるのはちょっとしたコツが必要ですが、
市販の「洗顔ネット」「洗顔スポンジ」などを利用すれば、簡単にマシュマロのようなフワフワした泡を立てることができます。

ぬるま湯でしっかり洗い流す
フワフワの泡でやさしく洗ったあとは、流水のぬるま湯でしっかりとすすぎましょう。
この時も、お肌をゴシゴシこするのは禁物です。

柔らかいタオルで水分を拭き取る
柔らかいタオルで水分を拭き取ります。
いうまでもなく、この時もこすらないように!

化粧水、美容液、乳液でケア
洗顔の直後、「化粧水で保湿」「乳液で潤いを閉じ込める」というステップをただちに行います。
この時にニキビケア専用のスキンケアを利用すると、より効果的です。
化粧水、乳液にプラスし、ビタミンC誘導体配合の美容液などを使うと、ニキビ跡改善効果がさらにアップします。