ニキビ跡クレーター

でこぼこになってしまったニキビ跡

症状の重いニキビは、炎症が悪化するとお肌がデコボコ(凸凹)になり、いわゆるクレーター状態になることがあります。
いったいなぜこのような状態になってしまうのか考えるために、まずはニキビのメカニズムについて考えてみましょう。

ニキビのメカニズムとクレーターの原因

ニキビは毛穴に古くなった皮脂や汚れが溜まり、そこにアクネ菌が繁殖することによって発生します。
アクネ菌が繁殖すると、人間本来の生体反応として白血球が働き始め、活性酸素を放出してアクネ菌に対抗しようとします。
白血球との戦いによってアクネ菌が死滅した結果、ニキビの炎症が起こり、最終的にニキビは終息することになります。
ニキビ跡の気になるクレーターは、実はこの白血球が放出する活性酸素が原因です。
活性酸素はアクネ菌を退治する大事な働きがありますが、その反面健康な皮膚にまでダメージを与えてしまいます。
このダメージでお肌が硬くなり、炎症部分とギャップができてしまうと、いわゆるクレーターになるのです。

クレーターをケアするには

ニキビ跡がクレーター化するのは、炎症そのものが原因なのではなく、人間本来が持つ免疫反応の結果です。
この反応はすべての人のニキビで起きているのですが、クレーター化する人とそうでない人がいます。
クレーター化する人は、皮膚がもともと敏感肌・乾燥肌などで、肌本来のバリア機能が低下しがちで、肌の刺激を過剰に受けやすくなる傾向があります。
ニキビ跡がクレーター化しやすいと感じている方は、保湿ケアをしっかりと行い、正常なお肌の新陳代謝をキープするように心がけましょう。
クレーターができてしまった際のケアに関しては、ケミカルピーリングやレーザー治療などが知られています。
前者は化学薬品の力で古くなった表皮を剥がして新しい皮膚の生まれ変わりをサポートし、クレーターの状態を改善していくもので、
後者は特殊なレーザー光線を患部に当てて治療するものです。

どちらもクレーターのケアに有効と言われていますが、肌質によって合う合わないがありますので、専門家のアドバイスを受けつつ治療することをおすすめします。