ニキビ跡ケミカルピーリング

ニキビ跡にピーリング効果は?

ケミカルピーリングは、ニキビ跡のケアとしてもっともポピュラーな方法の一つです。
かつてはエステ、医療機関で専門的に行われていたケアですが、
最近は家庭でも簡単にできるセルフケアキットや、ケミカルピーリング・ソープなども販売され、より身近に感じられるようになりました。
しかし、ケミカルピーリングは、直訳すると「化学薬品で(皮膚を)剥がす」という意味です。
正しい方法で行わないと肌にダメージを与え、ニキビ跡がかえって悪化してしまうことも。
そこで、知っているようで意外と知らない、ケミカルピーリングの知識についてご紹介しましょう。


ケミカルピーリングに使われる薬剤と手順

ケミカルピーリングに使われる薬剤は、グリコール酸などの酸性のごく弱い薬剤です。
グリコール酸は透明で年度の高い液体で、ブラシなどを用いて塗布していきます。

施術の手順は、以下のような流れになります。
  1. 洗顔後にピーリング薬剤を患部に塗り、5分ほど放置する
  2. ピーリング剤をよく洗い流す
  3. 肌に刺激や火照りを感じる場合、氷のうなどで冷やし、火照りを冷ます
  4. 化粧水や乳液でケアする。
基本的には、ホームケアもエステ・医療機関でのケアも同じ流れとなります。


ケミカルピーリングのメリットとデメリット

ケミカルピーリングは、古くなったお肌を剥がし、新しいお肌に生まれ変わるのをサポートしてくれます。
このため、にきび跡や色素沈着が目立ちにくくなるのが最大のメリットです。
短時間で効果も高く、施術跡は美容成分の浸透力も高くなるので、ニキビケアにはまさしくうってつけです。
他方デメリットとしていえるのが、効果が高い反面刺激が強いということです。
ケミカルピーリング跡のお肌は非常に敏感なので、しっかり保湿し、UVケアも入念に行いましょう。
また、敏感肌や極度の乾燥肌の方は、ケミカルピーリングを行うと、かえってニキビが悪化し、赤みや色素沈着が進んでしまうこともあります。
初めてケミカルピーリングを行う時は、自分の肌質に会うかどうか確かめるためにも、プロの指導の元に行うことが大切です。